豆乳 ミネラル

豆乳とミネラル

豆乳の中にはミネラルが含まれてますが、豆乳に含まれているミネラルというのはカルシウム、マグネシウムがとても多く含まれています。

カルシウムはご存知の通り、骨を強くする働きがあるミネラルですが、それ以外にも普段の生活の中で、イライラすることを防ぐ働きもありますから、ストレスがたまりがちで、イライラしてしまう人は摂取するといいでしょう。
豆乳を飲むことはストレスにも効果が現れるということになるのかもしれませんね。

また骨粗しょう症は女性にとっては悩みの種ですが、カルシウムを摂取すれば予防できますから、骨粗しょう症対策にも豆乳は効果があるのです。

次にマグネシウムですが、マグネシウムはカルシウムと一緒に筋肉の収縮には欠かせないものです。
血液の中のグリコーゲンから、ブドウ糖を作るためにマグネシウムが必要になりますが、毎日元気に過ごすために必要なミネラルのひとつとしても知られています。
たんぱく質を作ったり、ATPを作るなど、体の機能の中ではとても重要な役割を果たしています。

マグネシウムはカルシウムを沢山摂取すれば体に取り込む力が低下してしまいますから、バランスよく摂取しなければいけません。
カルシウム2に対してマグネシウム1が理想のバランスです。